Deckの活用方法⑤リフォームのオンライン見積り

これまでのリフォーム見積りの課題

これまでのリフォームの見積りの課題は何といっても現地に行ってみないとなんとも言えないこと。加えて、わざわざ家まで出向いて見積もっても、仕事になるとは限らないという点が挙げられます。逆にリフォームを依頼する側からすると、約束の時間に家で待っていて、家の中にあがらせて、修繕箇所を見てもらわないといけないという点が挙げられます。下手をすると休日がつぶれたりもします。

会わずに済ませるDeckを用いたオンライン見積り

スマホまたはPCのブラウザからアプリのインストールもURLのシェアもなく1clickでビデオ通話を可能にするDeckを活用するとリモート見積りが簡単になり、リフォームの依頼者、リフォーム会社、双方の課題を簡単かつ安価に解決することが可能になります。

①HPにDeckのURLをリンクを設置

リフォーム会社のウェブサイトのお問合せにDeckのURLを取得して貼っておくだけというのが一番簡単な解決策です。また、DeckはカメラをデフォルトでOFFに設定しておくことで、フリーダイヤルの代わりにもなります。しかも番号を見てダイヤルする手間もなく1clickで音声通話でもビデオ通話でも可能で、通話料は1分1円なのでコスト削減も可能です。

お試しいただきたい方は気軽にこちらからお試しください。オペレータにつながりますので、「Deckのお試しです」とお伝えいただければ、音声品質も映像品質も1clickでチェックすることが可能です。

②電話やフォームでの問合せからDeckへ

電話で見積もり依頼の場合、工事内容が現場に出向いて診るまでもないようなケースでは、まずはビデオ通話を用いた簡易診断をしたいとお伝えして、メールアドレスを伺って、DeckのURLを送り、「メールのリンクをタップして下さい。」という形でもビデオ通話を接続してリモート見積りが可能です。もちろんフォームからの問合せへの返信メールやチャットなどでも取得したURLを送ってビデオ通話を開始することが可能です。

アウトカメラへの切り替え機能を活用

Deckには、スマホのインカメラとアウトカメラを切り替えるボタンが標準で用意されています。リモートでのオンライン見積りを行う際は、このインカメラとアウトカメラ切り替える機能を使うことで、映し出している映像を確認しつつ会話をしながら見積りを取ることが可能になります。

お問合せ

導入やご利用に関するお問い合わせは、通常の問合せフォーム、または、実際にDeckを用いたオンライン通話での問合せも受け付けておりますので、お気軽にお問合せください!

タイトルとURLをコピーしました