Deckの活用方法④工場でのDX推進

工場での課題

IT化の遅れている工場での課題のひとつにコミュニケーションの問題があります。開発者側では、これから記述するような用途は想定していなかったので、面白い話だと思ったのですが、どういったことか。

大きくて設備の古い工場での話だと思いますが、例えば、なんらか生産ラインにトラブルが発生したとします。機械の操作パネルに見たこともないアラートが表示されているとか、機械の動きがなんだか変だとか、〇〇メーターがレッドゾーンに突入してしまったとか、所謂トラブルが発生した時に、どう対処しているか。管理課に電話をかけて口頭で説明して、解決できなければ広い工場の中を移動して現場にわざわざ出向いて対処しているというのは、現実問題よくあることなのだそうです。つまりは、時間の無駄で業務効率が悪いのです。

ビデオ通話で素早く状況把握して指示

電話では説明が難しい場合でも、ビデオ通話でつないでしまえば、リアルタイムの映像を見せながら状況を説明させ、対処についても操作している状況を見ながら指示を出すことが可能になります。
「右から5個目の警告灯が青くなったら、次は緑色のボタンを押して!OK!押して・・・」
「これは、非常にまずいから直ちに機械を停止しろ!」
といったやり取りが簡単に可能になります。

QRコードの活用

Deckの大きな特徴は、ブラウザから1clickでビデオ通話を呼び出せる点ですが、ビデオ通話を呼び出すためのURLも固定されるという点もこういった用途では活きてきます。
つまり、そのラインに適したエキスパートを呼び出すためのURLをQRコード化してシールにして貼っておけば、従業員の端末からQRコードを読み込んで、必要なときに必要な通話先のQRコードを選んでビデオ通話をかけることが簡単にできるようになります。

情報セキュリティが厳しい場合は、専用の端末を各ラインに置いておき、URLのショートカットをスマートフォンの待ち受け画面に表示させておけば、その場でスマホを立ち上げてビデオ通話で呼び出すことが可能になります。

通話履歴の把握

Deckでは、どのラインからビデオ通話がかかってきたかという状況がログとして残ります。これまでなんとなくあそこはトラブルが多くて管理に手間がかかるといった情報をある程度可視化できることを意味します。つまり、管理課との会話の回数も時間も長い。つまり工場の生産ラインの改善の手がかりを提供してくれます。

Deckの導入費用と運用費用

通話する先が、工場の管理課につながればとりあえずは良いといったスモールスタートをする場合には、初期費用としては、別途購入していただくものとして、受信用のiPhoneまたはiPadが1台、Deckで提供するサービスとしては、初期費用は無料で導入いただけます。URLは1つ(工場管理課とのビデオ通話を想定)でよいので、月額基本使用料の4980円に含まれます。プラス通話料は1分1円の従量課金になります。

工場が大規模で呼び出す先が、複数あったり、本社や他の生産拠点を呼び出したいといった場合には、呼出し先ひとつにつきURLが1つ必要になります。この場合、URLの使用料は、1つあたり500円/月です。つまり、安価にコミュニケーションという観点でのDX推進が可能になります。

タイトルとURLをコピーしました